FC2ブログ

『イン・ザ・プール』を読みましたよ

奥田英朗 氏

伊良部先生シリーズの第一弾
私は第二弾の『空中ブランコ』を先に読んでしまいました。

5章編成です。
どの章もあの伊良部先生の破天荒な治療?が拝めます。
今回は、1作読んだ後なので、最初から楽しく読ませて頂きました。
 ※初めて伊良部先生の治療を読んだときは、患者さんが可哀想で
  少し伊良部先生が嫌いになりかけました。

特に私が好きなのは、タイトルでもある「イン・ザ・プール」ですね。
簡単なストーリーをどうぞ
ストレス性の体調不良で「内蔵が学級崩壊」を起こした男 和雄 38歳
気晴らしに水泳を始めたが、今度はその水泳に依存してしまう。
心配した妻からはズバリとストレスの原因を指摘され、かっとなり夫婦喧嘩をしてしまう。。。

これは、夫婦愛の話だと思いました。
伊良部先生も体を張った治療をしてくれますが、やっぱり止めは奥さんでしたね。

その奥さんのきつい一言がこれです。(ザックリ要約)
「ストレスの原因は長年積み重ねてきたもの。三十歳を過ぎてから自分に自惚れるようになった。
そして許せない事が多くなった。」

これは…。
これは誰しも…。

10代の頃、30代の大人は本当に大人だと思っていました。
いざ、自分が30代に成ると、自分はまだまだ未熟だと思うようになりました。

未熟と思うことは一見謙虚のようにとれますが、実は
理想の自分とのギャップを埋める言い訳なんだろうなぁ と思います。

経験という大事なものを得るためには、必ず代償を払っているハズなのに
理想に到達していないものだから「自分はまだまだ経験不足ですから」と言う。
それでいて、払った代償の事は覚えているものだから「自惚れ」が発生する。

すると、「自分はコレだけやったのに…。」という気持ちが芽生えて
人に厳しく、許せないことが増えてくる。
しかも、自分は思い描いていた理想の大人に成っていない!
これは、焦りますよ。

このような思いは、自分なりの目標を明確にすることや、周りとのコミュニケーションで
コントロールしているだけで、誰にもあると思うのです。

その事をズバリいう奥さん。
いいなぁ

おっと、クドクなりました。
すみません。
一番搾りが効いてきたかしら?

本書は、その他にも

 中堅の商社マン
 コンパニオン
 高校生
 ルポライター

さまざまな人達が伊良部先生の破天荒な治療を受けてしまいます(笑

本当奥田英朗氏の作品は面白いですね。
これからも、読み続けていきたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富岳八景

Author:富岳八景
富岳の怠惰な日々を綴ったり、好きな音楽やお寺の話をつらつらと書いて、楽しむ予定ですよ。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

富嶽さんの読書メーター