FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張のお供の文庫本

電子書籍か文庫本か
それが問題ですよ

東京出張の際には2冊の文庫本を携帯するんです。
往復の新幹線の中で読むためにです。

最近、本を読む機会が増えましてね。
それに伴って、読む速度も上がってきているようなんです。

以前なら、「400頁くらいの文庫本1冊=新幹線での片道時間」でした。
それが、最近は2冊くらい読めちゃいます。
これは、嬉しくないのです。

だって文庫本4冊~5冊は結構重い。
ただでさえ、荷物は極力少なくしたいのに、コレじゃ…。

そこで、電子書籍ですよ。
「ページをめくる感覚」
「本の匂い」
「厚みでなんとなく感じる進捗状況」

これらを無くすのは、大変忍びないけど
荷物か重くなる方がもっと忍びない。いや、忍べないです。

さっそく筒井康隆氏「ロートレック荘事件」の電子書籍を購入しようと。。。
あれ?ないですよ??「時をかける少女」とかはあるのですが…。

じゃあ、我孫子武丸氏の…。全作無い。
ジャンルを変えて、司馬遼太郎氏の…。全くない。

うーん。
電子書籍はこれからのジャンルですね。
司馬遼太郎氏の書籍もこれからドンドン電子化されるようですし。

携帯性という意味では、電子書籍は最高の媒体ですよね。
テレビショッピングでよく言う「この小さな機体に辞書10冊分!!」とかと同じです。

結論:ケースバイケースで、電子書籍か文庫本かを選べば良い。片っ方に固執するのはダメ

当たり前の事にやっと気が付きました。
落ちも何も無いですが、今日はこれまでで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富岳八景

Author:富岳八景
富岳の怠惰な日々を綴ったり、好きな音楽やお寺の話をつらつらと書いて、楽しむ予定ですよ。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

富嶽さんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。