FC2ブログ

爆笑忍者伝を読んでいましたよ

ハットリくんの影響で壁を垂直に走る練習をしていました。
結構、本気でです。
そんな私が出会った本「爆笑忍者伝」

前回ご紹介した「親王の隠れんぼ」を記載している本です。
ずーっと気になっていたんですよね。
思い出しついでに、もう1つ小話を


=== 平安時代の袴垂(はかまだれ)の小話 ===

山道に不思議な行き倒れがありました。
何が不思議かというと、その行き倒れには傷ひとつないのです。
格好は定番の素裸。

通りかかる人々は「傷もないのにどうして?」などと騒いでいました。

そこに通りかかったのが、一族郎党を引き連れた立派な武士。
彼は不思議な行き倒れがあると聞くと、配下の者に弓を持ち直させて
用心して通り過ぎて行きました。

これを見た人々はあまりの臆病なそぶりに笑ったそうです。

しばらくして、一人の武士が行き倒れの近くを通りかかりました。
その武士は、傷もないのに可哀想だと思い
馬を行き倒れに近づけて行きました。

武士が弓で行き倒れをつついていると、突然、行き倒れがガバっと動き
馬から引き下ろし相手の刀で刺し殺してしまいました。
そして武士の装束を奪い、ようようとその場を後にしたという。

=== 小話ここまで ===

当然、この行き倒れが「袴垂」です。
元は今昔物語に記載されている逸話だったと思います。
スポットを袴垂にするのか、2人の武士にするのか、その他にするのかで
意味合いが大きく変わる内容だと思います。

さて、私は今、東京に出張中なのです。
出発前に目論んでいたお寺巡りもせず、粛々とお仕事をしています。

この記事は投稿予約を使って投稿してみました。12時キッチリ設定。
決して、仕事中に投稿していませんよ。
ではでは
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

面白い。
楽しい。

感動した!

(小泉かっ(-_-)!

詳しい感想は後ほど(^_^)

ところでNHK「坂の上の雲」は、
ぜったいご覧になったでしょうね(・O・)!

Re: こんばんは!

コメントありがとうございました。

もちろんです。
事前特番から全て見させて頂きましたよ。

生前、司馬さん自身が映像化に難色を示してた事や
製作過程のゴタゴタが気になって、ちょっと不安でした。

でも、見てみたら、あっという間の90分でした。
とても楽しく見させて頂きましたよ。
プロフィール

富岳八景

Author:富岳八景
富岳の怠惰な日々を綴ったり、好きな音楽やお寺の話をつらつらと書いて、楽しむ予定ですよ。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

富嶽さんの読書メーター