FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『重力ピエロ』(伊坂幸太郎氏)を読みましたよ

まさか涙するとは…。

伊坂氏の作品は大好きですが
うるっとしたのは初めてです。

まずはストーリ紹介です。(wiki)
仙台の街で起こる連続放火事件。放火現場の近くには必ず奇妙なグラフィティアートが描かれていた。過去に辛い記憶を抱える泉水の二人の兄弟は、事件に興味を持ち謎解きに乗り出す。グラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎を解き明かしたとき、その先に見えてくるものとは・・・。

兄、泉水の目線で物語は進んでいきます。
ところどころ「兄」「弟」「父」による、回想シーンが入ります。
この回想シーンの挿入により、物語の伏線発生&回収は勿論なのですが、
何よりこの家族への感情移入がバンバン促進されます。

うーん。
母や春子さんなどいつもながら女性陣がカッコいいです。
春子さん?私はカッコイイと思いますよ。
あの情熱は清々しいです。

以下、若干ネタバレを含みます。

タイトルの「重力ピエロ」
厳然たる事実を前に、絶望しながらも、自分のルールを突き通す(滑稽に見えても)。
よき理解者はその姿に感動するし、心からの共感や応援する。

という、事ですかね。
「(重力が)少しぐらい消えても罰はあたらないじゃないか」という、箇所に
この家族の一致した思いを感じ、ここにウルウルしました。

謎解きに関しても楽しめますし
ホッコリしたい方にもおすすめの内容です。
ただし、殺人や強姦といった内容もあります。この辺が苦手な方は気をつけてください。
この部分の記述自体は ねちっこくない ので、大体の方は大丈夫だと思いますよ。

では
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

富岳八景

Author:富岳八景
富岳の怠惰な日々を綴ったり、好きな音楽やお寺の話をつらつらと書いて、楽しむ予定ですよ。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

富嶽さんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。