FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『陽気なギャングが地球を回す』を読みましたよ

伊坂幸太郎 氏

後から2013年てどんな年だったか?
と、考えたら間違いなく『伊坂幸太郎氏を知った年』と思うでしょう。

それくらい、今年はこの作家さんにハマりました。
今更ですか?と、思われるでしょうが…。いやはやハマりましたよ。

こちら、「映画化」「漫画化」されているそうですね。
そのうち見てみようと思います。
映画のキャストも好きな方が多いですし。
 ※大沢たかお、佐藤浩市、松田翔太、鈴木京香、古田新太、大杉漣などなど

まずはストーリ紹介です。
嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。
この4人達は百発百中の銀行強盗だった・・・。はずが、思わぬ誤算が。
せっかくの「売上」を、逃走中に、同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。

全体は4章構成です。
そのタイトルと副題が面白いですよ。伊坂氏らしいですよね。

1章 悪党たちは下見のあとで、銀行を襲う
   「犬の吠える相手が泥棒とはかぎらない」

2章 悪党たちは反省を行ない、死体を見つける
   「税金と死ほど確かなものはない」

3章 悪党たちは映画館の話をし、暴力をふるう
   「鞭を惜しむと子供はだめになる」

4章 悪党たちは作戦を練り、裏をかかれる
   「愚者を旅に出しても愚者のまま帰ってくる」

全体的にテンポが早くサクサク進んでいきます。
伊坂氏らしいザッピング手法で、場面転換のタイミングも絶妙です。
飽きないし、こんがらがる事もないですよ。

読んで感じたのは
「やさしい嘘」と「本当の嘘」を使い分けるのが大人の嗜み
嘘への仕返しは「粋な嘘」。という事でしょうか。
読んでて、ハラハラもしますが、さっぱりクスクスの割合の方が多いです。

また、伊坂氏の作品の共通のテーマ
「神様の優先順位は人間が一番とは限らない」
今回も健在です。
このスタンスは大好きです。

死体とうワードは出てきますが、決してグロくはないですよ。
もし、未読の方が居らっしゃったら、是非読んでみてくださいな。

=== お話変わります ===
今日のMUSIC FAIRでエレファントカシマシ特集があるそうです。
オススメですよ。
www.fujitv.co.jp/MUSICFAIR/(コチラをクリックすると公式HPに飛びます)

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

エレファントカシマシ『あなたへ』を聴きましたよ

年末になるといつも思う事があります。

「今年の紅白にもエレカシは出ませんねぇ…。」

カウントダウンライブに出るから!とか理由は有るのでしょうが
残念です。

気を取り直します。
11月20日に発売されたシングル『あなたへ』の感想おば

染みますね~
優しすぎますよ!宮本さん!!という感じです。

曲調はバラードですね
ちょっとマイクが近い感じですが
宮本さんが優しく切々と歌い上げています。
夜、ゆっくりと聞きたい曲です。
ちょっと、今までのエレカシには珍しい曲かもしれませんね。

カップリング曲『はてさてこの俺は』
大好き!!です。

エレカシですよ。
この曲こそエレカシさんです。
蔦谷先生のアレンジも最高です。

「そりゃあ そこらの 阿呆どもに 比べれば
 俺の方が いくらか 気がきいているだろうが」

ニヤリしながら歌っている宮本さんの顔がハッキリと浮かびました。
最高です。

カップリング曲『この円環のなかを』
ストーンズですね。
インタビューでも話していましたが
思いっきり再評価中なんですね。

ブルース曲として素晴らしいです。
お酒が進みますね。

まず4人+1人で新曲を出してくれた事に勝手に感謝です。
本当に最高のシングルでした。

エレファントカシマシ最高!!

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

東京出張の思い出

お仕事も終わり
東京の仕事仲間の皆さんと居酒屋へ

温かい東京で
仕事仲間と温かい一時を過しました

お酒に揚げ物、炒めもの
サラダ、焼き鳥、お酒。

笑って、困って、感心して
あっという間に24時ですよ。
皆に感謝です。

そして、次の日のお昼は大盛りのつけ麺…。
冬支度?冬眠でもするの?って言うくらい
食べ続けた2日間でした。

心なしかベルトがキツくなったような…。

もう少しで12月ですね。
イベント盛りだくさんのシーズンです。

皆さんも楽しみながら体を壊さないように
お気をつけてくださいな。

では

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

高畑監督の『かぐや姫の物語』を鑑賞しましたよ

昨日、高畑監督の『かぐや姫の物語』を鑑賞してきました。
その結果は…。


「涙涙でした」


ネタバレをしないように気をつけます。

まず、ストーリは竹取物語に忠実でしたよ。
デフォルメや脚色+追加エピソードはありますが、
原作の雰因気を壊さない範囲だと思います。

ご存知の「今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。」でスタートです。

竹取物語って泣ける話しでしたっけ?と、お思いでしょうね。
勿論、私も中学校の国語の授業で泣いた記憶はありません。

では、何で?

それは、登場人物の気持ちとか場の雰囲気が丁寧に丁寧に
描かれているおかげで、自分も映画の中に入っている錯覚になるんです。

そうなると、
翁のなす事全てが、愛おしく思っちゃいました。
翁の行動は全て姫のためですよね。うんうん。

この作品で強く感じたのは
「偽物から本物になろうとする苦労」
「本物を諦めて偽物を手に入れる安易さ/滑稽さ」
「仮の関係から生まれる本当の想い」
「真心から生まれる残酷な行動」
「本質を見失わせる社会/常識」

どれも、よくあるテーマかもしれませんけど
それ故に、誰の心にもカサブタはあると思うのです。
それなのに、あの映像と音楽の中で、丁寧に展開されると・・・もう

私の席の周りのおじさん連中はみんな涙
うんうん。

突然、私は蘇東坡の「中秋の名月」の一節を思い出しました。

「此の生此の夜 長しえに好からず
 明月明年 何れの處にか看ん」

素晴らしい月夜も永遠ではないよ。
来年の今頃は、どうなっているのか誰にもわからない。(だから今を大切に)

さて、今日はこのへんです。
感情のままに書いてしまいました。
このような記事は後で読み返すと、結構後悔するんですよね。

ま、いいです。

私は東京出張中です。
今年の4月から続いているprojectの総仕上ですかね。
明日から、気合を入れて頑張ります。

では、失礼します。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

東京で見つけた冬景色

駅員さん「あー!その時間の新幹線は1席も空いてませんね」
私   「え・・・。じゃあ次の新幹線は」
駅員さん「うーん。一番早くて 2時間30分後ですね。
     それとも時間変更せずに19時の新幹線に乗っておきます?」
私   「流石にそれはイヤですね。今、午後3時前ですし」

と、言うわけで
東京の地で2時間30分の自由行動の始まりです。
最初にお仕事関係の連絡等を済まして、町中をテクテクしました。

東京 丸の内界隈…。
フト思い立ったのが、キャロライン・ケネディさんでした。
連日のフィーバーぶりは、世間に疎い私も感知していましたよ。

「久しぶりにお堀が観たいなぁ」

途中、2組の外国人の方のカメラ撮影をお手伝いしつつ
小春日和の中、お堀に向かってテクテク。

そして、私は冬景色を発見しました。
写真の左側に白鳥が見えますか?
NEC_0196.jpg
そうです。
これが冬景色その1です。
いや、地元ではよく見るんですけどね。東京でも見れるのですね。。。
心のなかで、この白鳥は「ヤマトタケルに違いない」とか、色々想像をしました。
たっぷり1時間位眺めていました。

そして次の冬景色がこれです。
NEC_0200.jpg
丸の内ビルディングのクリスマスツリーです。
ここは、狙って行きましたよ。
結婚前に奥さんと一緒に見に行った思い出の場所です。

早速、奥さんに「覚えてる?」と画像を送信。
直ぐに「懐かしいね」と、言ってくれました。

鼻頭がツーンとして
結婚してるんだなぁって・・・。

その後は、ニヤニヤしながら駅のホームを目指しました。

久しぶりにゆっくりしました。
心の波が落ち着いて行くのを感じました。

さて、来週から2泊3日で東京出張です。
今後はどんなハプニングが待っていますかね。楽しみです。

では 失礼します。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『Dr.Martens』のブーツ

その昔
ある高校生が一目惚れをしました。

その高校生はファッションに興味は無く
部活と本と音楽が全ての生活をしていました。
しかし、偶然見かけた妙に長いブーツにゾッコンでした。

高校生は素早いです。
その日のうちに、喫茶店でバイトを初めて、購入資金を貯め始めました。

2ヶ月後に買ったブーツは高校生の宝でした。
毎日、眺めてニヤニヤしていました。
購入後わずか5日で盗難にあい心底泣いたのは、今ではいい思い出です。

それから20年近くたった今、ブーツはビジネスシューズに変わりましたが
未だにDr.Martensを履いています。

数少ないこだわりです。
あの日から、2足目のDr.Martensを買ってから、一度も他のメーカーの靴を履いたことは無いですよ。
 ※運動靴とかはノーカウントでお願いします。

多くのミュージシャンも愛用している事も知り、
何故だが誇らしい気持ちになったものです。
 ※Pearl Jamのエディさんもご愛用です。

その後、その高校生は
バイト仲間にも恵まれて楽しい思い出を作っていきました。
また、CD収集も加速し沢山の愛すべき音楽とも出会えました。

一目惚れは強いってお話でした

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Pearl Jam『Lightning Bolt』を聴きましたよ

ワクワクせざるを得ないですよ!

Pearl Jam10作目の本アルバムはの印象は
「カッコイイ」です。

前半のアップテンポな曲達を集めるのは
最近の彼らのアルバムではお馴染みの構成ですね。
思わずニヤリとしてしまいます。

そしてシングル「Sirens」
穏やかな名曲ッス。

昔、何かの記事にボーカルのエディの事を評してこう言っていました。
「彼は、誰もが無意識に蹴っている小石に躓き、そしてじっと考えこむ」と。

若干間違えているかもしれませんが、私のエディの印象はまさに此の通りです。
実直な故に周りとぶつかる彼ら。

チケットマスターとの争いやビニール盤の先行リリースなど
大人目線だと、子供じみている。
穿った見方をすると話題作りともとられる様な事を真剣に実行している彼ら。

内省的な性格と歌詞
それを壊すような爆発的な行動とサウンド
これらの微妙なバランスが、彼らの魅力ですな。

しかし、彼らの若々しさはどうでしょうかね?
「Yield」の頃より音が若くなっている気がします…。

あぁ
Pearl Jam
彼らは歳を重ねる毎に音が瑞々しくなっていく

まずは彼らのアップテンポな曲
初期の「Go」にも通じるコレぞPearl Jam!っという曲です。
『Mind Your Manners』クリックするとYouTubeに飛びます

お次は
シットリ系です
『Sirens』クリックするとYouTubeに飛びます

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

福島県に出張してきました

「東北の奇跡」

と、言えば今は楽天イーグルスですかね。
私も毎日ハラハラドキドキしていますよ。

藤田選手
明日の試合には元気に出場して欲しいですね。

元祖東北の奇跡といえば
瑠璃光山勝常寺ですよね。

徳一上人のもと
荘厳な文化を構築したまさに「東北の奇跡」

国宝の薬師如来坐像は勿論のこと平安仏など見どころ沢山です。
これらは当然、一木造りッスよ。

…。
今回は行けませんでしたけどね。
行きも帰りも、新幹線に飛び乗る程、時間ギリギリでした。。。

折角の福島出張なのに…。
こんど、時間があれば
「勝常寺」「猪苗代湖」「鶴ケ城」「会津頑固蕎麦」は行きたいですなぁ

おっと、これじゃ
出張じゃなく、行楽ですね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

富岳八景

Author:富岳八景
富岳の怠惰な日々を綴ったり、好きな音楽やお寺の話をつらつらと書いて、楽しむ予定ですよ。

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

富嶽さんの読書メーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。