FC2ブログ

「ビッグデータの衝撃」を読みましたよ

出張のお供として借りた本書。
なんかワクワクする内容でしたよ。
以前から漠然と思っていたやりたい事が大体書いていました。
いや~勉強不足は怖いですね。
勉強しましょ勉強。

本書は、「ビッグデータとは何ぞや?」という人から、「当然知っているけど、詳しくは…」や
「そんなモノ昔からあるじゃないの」という人まで、丸っと楽しめる様になっていると思いますよ。
定義や活用例、支える技術やプライバシー問題などなど、扱っている範囲は広いです。
ただ、本書に記載している通り、各項目の専門書ではないので深くはないです。
まぁ、後は各自で気になった箇所を調べるでしょ?ってな感じです。

<素人ながらの感想>

■今まで取得(活用)出来なかったデータを活用して新しいサービスを構築する事がビッグデータの真価
 1.この真価を得るための技術
   「Hadoop」「NoSQLデータベース」「データウェアハウス」
     →これらを運用する上で「機械学習」「統計解析」も重要
 2.この真価を得た例
    セントリカのスマートメータ導入(イギリスの大手ガス・電力会社)
    30分に1回集められてくる膨大なデータ(0.5秒で4200万件)を処理解析し、
    ユーザの消費パターンをサマライズした。
    そして「料金メニューの開発」「収集データの妥当性チェック」「将来の消費動向の予測」を実施している。
    また、顧客に対しては「リアルタイムでの電気・ガスの消費量/料金表示」「前年同月の比較、地域平均
    の提示」などを提供し、それにより、顧客あたり年平均で190イギリスポンドの経費削減が可能としている。
    
    日本ではコマツの「ダントツ」は凄いですな。
 3.この真価の阻害要因対応(プライバシー対策)
     →議論が活発になっている。
       日本で考慮すべきは「個人情報保護法」と各業界のガイドライン

早速サーバ建てたくなりましたよ…。
次回は司馬遼太郎氏の話しとか書きたいですね。それか時期的にBUMP OF CHICKENのLIVEディスク?

本日のBGM:SUM41 CHUCK
スポンサーサイト

テーマ : 日記・日誌
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

富岳八景

Author:富岳八景
富岳の怠惰な日々を綴ったり、好きな音楽やお寺の話をつらつらと書いて、楽しむ予定ですよ。

最新記事
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

富嶽さんの読書メーター